債務整理の費用の支払い方法【お金がないけど大丈夫?】

過払い金請求や債務整理をしたいけど、弁護士や司法書士に依頼する費用が支払えるか不安で、依頼を躊躇してしまうことが多いようです。

しかし、そもそも返済が苦しくなった人が債務整理を検討するのですから、多くの弁護士や司法書士事務所では、その点を考慮した体制を整えていますので、お金がないから依頼できないとあきらめる必要はありません。

任意整理の費用の支払い方法

任意整理の費用はどのように支払うんですか?

 

任意整理では費用を分割で支払うことができるよ。

 

分割でいいんですね!

 

うん。

ちなみに任意整理を専門家に依頼すると貸金業者への返済はストップする必要があるから、貸金業者への返済を止めている間に専門家の費用を分割で支払うことになるんだ。

だから貸金業者への返済にさらに弁護士司法書士への費用の支払いとで2重になることはないから、任意整理はあまり費用は気にせずに相談しても大丈夫なんだよ。

 


任意整理の費用については、ほとんどの事務所が分割での支払いを受け付けています。

弁護士や司法書士へ任意整理を依頼した後は、業者との交渉が整うまでは、一旦貸金業者への支払いをストップする必要があります。

返済と止めても業者からの督促はありません。

※なぜ支払いをストップするのか=借金の金額を確定させるためです。確定した金額を元に弁護士や司法書士が貸金業者と交渉を行います。

和解が整うまでは、3~6ヵ月ほど時間がかかりますので、業者への返済を止めている間に、弁護士や司法書士の費用を「積立金」として分割で支払っていくことになります。

貸金業者への返済と、弁護士や司法書士の費用の支払いが2重になりませんので、無理のない範囲で支払いが可能になります。

・着手金=0~4万円
・基本成功報酬=2~4万円
・返済代行=1,000円
・減額報酬=0~10%

個人再生と自己破産の費用の支払い方法

自己破産や個人再生の費用の支払いについてはどうなんですか?

 

分割払いが可能な事務所なら自己破産や個人再生も任意整理と同様だね。

 

じゃあ専門家に依頼した後は貸金業者への返済を止めている間に、分割で費用を支払うということですか?

 

そのとおりだよ。

分割払いが可能かどうかは事前に確認をするべきだね。

 


任意整理と同様で、弁護士や司法書士へ個人再生や自己破産を依頼した後は、一旦貸金業者への支払いをストップすることになります。

分割払いが可能な事務所なら、業者への返済を止めている間に、個人再生や自己破産に必要な書類を集めるための期間が数か月ありますので、その間に弁護士や司法書士の費用や、裁判所で必要となる金額を分割で支払っていくことになります。

・司法書士なら=30~40万円 住宅ローン特約有=35~45万円
・弁護士なら=40~50万円 住宅ローン特約有=50~60万円

 

・司法書士=25~35万円 管財事件=30~40万円
・弁護士=35~45万 管財事件=45~55万

※個人再生と自己破産は司法書士の方が費用は安いことが多いですが、個人再生と自己破産では司法書士は本人の代理人にはなることができませんので、裁判所に提出する書類を作成するだけの業務になります。

また、裁判所によりますが弁護士に依頼した方が予納金等の費用が安くなることもあり、一概に司法書士の方が安いというものでもありません。

法テラスを利用する

費用の捻出が難しい人は、法テラスの民事法律扶助という制度を利用できる場合があります。

法テラスが定める条件を満たす人は、民事法律扶助の制度を利用すれば、費用も安く済むことが多く、更に費用を法テラスが立替えてくれます。

法テラスに立替てもらった費用は、後々分割で返済していくことができます。

債務整理費用の支払い方法まとめ

任意整理や個人再生、自己破産の債務整理にかかる費用については、ほとんどの事務所が分割払いを受け付けています。

分割払いが可能かどうかは事前に確認するべきでしょう。

分割払い可能な事務所なら、債務整理の費用については業者への返済を止めている間に、分割で支払うことになるので、手持ちがない人でもすぐに依頼をすることができます。

このように、費用については多くの事務所で分割払いが認められていますし、法テラスを利用するという方法もあります。

費用の支払いが厳しい人でも債務整理を利用できるように制度が整っていますので、支払いが厳しいのであれば費用を心配するよりも、まずは専門家へ相談すべきでしょう。