任意整理の返済代行(代行弁済)とは?メリットとデメリットを解説

  • 返済代行って何?
  • 返済代行のメリットとデメリット

任意整理後は決まった金額を毎月「振り込み」で返済していくことになります。

カードでの支払いや支払用紙での支払いはできません。

返済の方法には本人が貸金業者に直接振り込む方法と、依頼をした弁護士や司法書士事務所に振り込みをして、弁護士や司法書士事務所が貸金業者に振り込む「返済代行」という方法があります。

今回は返済代行のメリットとデメリットを解説します。

返済代行とは?

返済代行のメリット

任意整理をした後の返済は直接貸金業者へ振り込む方法になりますか

依頼者が直接貸金業者へ振り込む方法と、返済代行という方法もあります。

返済代行の場合は貸金業者への返済は弁護士や司法書士が行うので、依頼者は弁護士や司法書士へお金を振り込むことになります。


任意整理の返済代行とは、任意整理後の毎月の返済を弁護士や司法書士が代行して行う方法です。

返済代行では毎月の返済額を返済日前に弁護士や司法書士の事務所あてに振り込み、弁護士や司法書士が任意整理をした債権者宛に返済の振込を行います。

返済代行以外の任意整理後の振込方法としては、本人が任意整理をした会社に直接振り込むという方法もあります。

返済代行のメリット=振込先が1つになる

複数の会社の任意整理を行った場合は、毎月の返済も複数必要になりますが、返済代行の場合は弁護士や司法書士事務所にまとめて振り込むだけで大丈夫です。

振込先が1つになるので、返済の管理が楽になるというメリットがあります。

返済代行のメリット=秘密を守れる

事務所にもよりますが、返済代行ではない場合は任意整理成立後に弁護士や司法書士が業務を終了することが多いです。

専門家が業務を終了した場合は、返済に遅れ等があれば債権者からの連絡や郵送物は本人に対して行われることになります。

債権者からの連絡が来たり、郵送物が届くことによりご家族に任意整理をしたことがバレてしまうというリスクが生じます。

これに対して、返済代行の場合は弁護士や司法書士が引き続き委任を受けている状態なので、債権者からの連絡や郵送物は代理人である弁護士や司法書士に対して行われます。

債権者から連絡を受けた弁護士や司法書士から、依頼者である本人へ入金がない旨の連絡が入ります。

弁護士や司法書士の場合は事前に連絡方法(電話可能時間帯やメールでの連絡)を決めておくことができるので、それにより家族に知られてしまうという心配はほぼありません。

「返済が少し遅れそう」等の連絡も返済代行なら弁護士や司法書士に対して行い、弁護士や司法書士が代理人として債権者に対してその旨を連絡するので、返済代行の場合は本人が債権者と連絡をとる必要はありません。

任意整理後に支払いが難しくなった場合は以下の記事を参考にしてください。

  • 振込先が1つになるので管理が楽になる
  • 返済に遅れがあっても貸金業者からの連絡はないので秘密を守りやすい

債権者と交渉がしやすいことも

任意整理後に専門家が辞任している状態で、任意整理後に支払いができなくなったりすると債権者と本人での話し合いになりますが、返済代行の場合は債権者と専門家とで話し合いをします。

返済代行では任意整理後も専門家が業務を辞任しないので、何かあった場合に専門家と連絡がとれること等、返済の管理を専門家が行う方が債権者にとっても助かるため、債権者によっては返済代行で業務を継続するほうが任意整理の交渉を行いやすいというメリットがあります。

返済代行のデメリット

返済代行のデメリット

返済代行のデメリットはありますか

返済代行には費用がかかるということです。

一般的には1社の振込につき毎月1,000円前後必要になるので、任意整理した会社の数が多かったり、分割払いの回数が多いとかなりの金額になります。


返済代行の場合、振込代行手数料として1社あたり毎月1,000円の費用がかかることが多いです。

任意整理をした業者数が多かったり、分割回数が多かったりすると結構な金額になります。

ただし、本人から債権者に振込をする際は債権者数分の振込手数料がかかりますが、返済代行の場合は振込先は専門家の事務所1か所だけになるので、振込手数料はその分抑えることができます。

返済代行の手数料の1,000円には専門家が債権者に振り込む際の振込手数料も含まれています。

任意整理の返済代行のまとめ

返済代行には振込先が専門家の事務所の1つになり管理が楽になるということと、返済の遅れ等、何かあった場合に専門家が債権者と交渉を行うので、債権者から本人に対して連絡や書類が届くことがないので家族に秘密のまま手続きを進めやすいという特徴があります。

しかし、返済代行は費用がかかるため、返済代行の方がいいかどうかは毎月の返済の管理や振込の手間と、返済代行手数料を比較して選択したほうがいいでしょう。

管理の手間は特に気にならない、少しでも安く手続きを行いたいのであれば直接振込む方式の事務所がいいですし、管理の手間や何かあった場合は専門家に対応してもらいたい、家族には内緒という人は振込代行のほうがメリットがあります。