家族カードの債務整理、債務整理後も家族カードは作れる?審査の影響

  • 家族カードの審査はどうなっているのか?
  • 債務整理をした後に家族カードを作成することはできるのか?
  • 家族カードでの支払いが難しくなってきたら債務整理をすることができるのか?
  • 債務整理をしても家族カードには影響がないか?

収入等の面でクレジットカードが持てない人も家族カードを利用することでクレジットカードを作成することができます。

なぜ家族カードなら持つことができるのか?ブラックリストに登録されていても家族カードは持てるのか?家族カードを債務整理をすることはできるのか?解説しています。

家族カードとは?

家族カードの審査

クレジットカードを作れない人も家族カードなら持てると聞きましたが家族カードとはなんですか

既にクレジットカードを持っている家族を本会員として、その家族が審査なしで本会員と同じカードを発行できるサービスのことです。

家族カードは元々のカードを持っている人の信用をもとに作成されるから、家族カードを持つ人の審査はされません。

そのため、ブラックリストに登録されている人でも家族カードなら持つことができます。


専業主婦やアルバイト等では通常はクレジットカードの審査には通りにくいものですが、家族カードはクレジットカードを持っている人の家族(配偶者や子供、親)が基本的に審査なしでカードを作成できるものです。

家族カードは本会員の信用によって発行されるので、家族側の審査は基本的には行われません。

明細がまとめて管理できるとか、家族カードにも保険が付帯されるというメリットもあります。

債務整理をした人も家族カードなら作れる?

家族カードを作成する際は原則本会員の人だけの審査になるので、家族カードを作成しようとしている人が過去に債務整理等を行ってブラックリストに載っていても基本的には審査に影響はありません。

ただし本会員の支払い状況が悪いとか、家族カードを作成しようとしている人が過去にそこのカード会社で事故をおこしている場合は、家族カードが作成できないこともあります。

仮に妻がブラックリストに載っているとしても、夫が持っているクレジットカードの家族カードを妻が作ることができる。

家族カードの債務整理

家族カードの債務整理

家族カードを債務整理をすることはできるんですか

家族カードも債務整理をすることはできますが、家族カードを債務整理をするには家族カードを持っている側の人ではなく、本来の契約者が債務整理をする必要があります。


家族カードを債務整理するには本会員が債務整理をする必要がある

家族カードを債務整理するには家族カードの利用者ではなく、本来のカード会員が債務整理をする必要があります。

例えば夫のAさんがカードの本会員で、妻のBさんが家族カードを持っている場合

家族カードを持っているBさんが債務整理をすることはできない。

本会員であるAさんが債務整理をする必要がある。

家族カードの債務整理のメリット

家族カードを債務整理すると、本会員の利用分と家族カード利用分どちらも併せた金額から債務整理後の利息をカットしてもらい、元金だけを分割で返済していくことになります。

本会員のAさんの借金が30万円、家族カード会員のBさんの借金が30万円ある場合

本会員のAさんの借金30万円だけを債務整理をするのではなく、AさんBさんの借金の合計60万円を債務整理することになる。

家族カードの債務整理のデメリット

家族カードを債務整理するデメリット

家族カードを債務整理するデメリットは何がありますか

債務整理をする本会員のカードだけでなく、家族カードについても解約になります。

その他のデメリットとしては、通常の債務整理と同様にブラックリストに登録されることです。


家族カードの解約

通常は債務整理をすると債務整理をした会社のカードは解約になりますが、そのカードに家族カードが付いている場合は家族カードも含めて解約になります。

ブラックリストに載る

債務整理をするとブラックリストに載ることになります。

この場合にブラックリストに載るのは債務整理をする人のみで、家族カード会員のほうはブラックリストに載ることはありません。

仮にAさんが本会員で、Bさんが家族カード会員の場合

債務整理をするのはAさんですから、当然Aさんはブラックリストに載ることになります。

ただし家族カード会員であるBさんはブラックリストに載ることはありません。

※参考:CIC【信用情報とは】

家族カード会員が家族カード以外を任意整理をする場合

家族カード以外の債務整理

家族カードを持っている人が家族カード以外を任意整理することはできますか

家族カード以外の自分名義の借入を任意整理することはできます。

その場合、家族カードは影響を受けないので原則は家族カードそのまま利用をすることができます。

ただし、もし家族カードと同じ会社のカードを本人も持っていて、そのカードを任意整理すると家族カードの利用を止められる可能性はあります。


家族会員は家族カードを任意整理することはできませんが、家族カードではない自己名義の借金を任意整理をすることはできます。
任意整理をした会社のカードは解約になりますが、任意整理をしない家族カードはそのまま利用できます。
ただし家族カードと同じ会社のカードを債務整理をする人が持っていて、そのカードを任意整理すると家族カードまで解約になってしまう可能性はあります。

例えばA社で夫の家族カードを持っている妻がB社とC社を任意整理することはできますし、B社とC社を任意整理してもA社の家族カードはそのまま利用できます。

ただし妻も独自にA社のカードを発行している場合、妻名義のA社を任意整理すると、家族カードも利用停止されてしまう可能性はあります。

 家族カードの債務整理まとめ

ブラックリストに登録されている人も、家族カードを発行してもらうことができます。

また、家族カードの支払いができなくなってきたら債務整理をして利息を免除してもらい元金だけを分割で返済することができます。

ただし債務整理をするのは本来のカード会員であり、家族カードの所持者は債務整理をすることはできません。

ブラックリストに載るのも本来の会員のみですが、本会員が債務整理をすると家族カードを含めてカードは解約になります。

逆のパターンで家族会員が家族カード以外の会社の借入を債務整理することができますし、その場合は家族カードを発行している会社が家族会員の信用情報を確認等しなければ家族カードはそのまま利用できます。