延滞中の借金でも過払い金が発生する?【発生する条件は】

借金を延滞している状態でも、長く取引をしていたのなら過払い金が発生している可能性があります。

滞納している借金でも過払い金が発生するパターンと、過払い金が発生しないパターンに分けて解説します。

延滞中の借金でも過払い金が発生することはある?

延滞中の借金でも過払い金が発生していることはあるんですか?

 

たとえ滞納して今は支払っていない借金であっても、過去に高い利息で支払っていたなら過払い金が発生している可能性があるよ。

 

利息次第なんですね!

 

そう。

ちなみにどこの会社も2007年頃に利息を見直しているから、2007年よりも前から借りていたなら過払い金が発生している可能性が高いよ。

 


・10万円未満の借入⇒利息20%が上限
・10万円以上100万円未満の借入⇒利息18%が上限
・100万円以上の借入⇒利息15%が上限

借金を滞納しているか滞納していないかにかかわらず、過払い金は法律の制限を超えた利息で支払っていた場合にだけ発生します。

時期でみると、2007年の途中にどこの貸金業者も利息を見直しているため、2007年よりも前から借りていたなら過払い金が発生する可能性が高く、2007年よりも後に借り始めたなら過払い金が発生する可能性は低いということになります。

過払い金が発生している場合は督促はこない?

長いこと支払っていた借金の返済ができなくなって放置しているような状態になったが、貸金業者からの連絡がない場合は過払い金が発生している可能性が高いです。

貸金業者からすれば請求を行ったことで逆に過払い金請求をされてしまうよりは、連絡をしないほうがいいと判断することもあると思います。

ただし、単純に連絡が漏れている可能性もあるので、延滞しているのに貸金業者からの連絡がない=過払い金が発生している、と断言できるものではありません。

延滞中の借金に過払い金が発生していた場合

延滞中の借金で過払い金があった場合は延滞している借金はどうなるんですか?

 

過去に利息が高い時期があったなら法律内の利息に直して計算をしなおす、引き直し計算をするんだけど、そうすると借金は既になくなっていて、更に払い過ぎていたものが過払い金になるんだ。

だから過払い金が発生している場合は延滞していた借金もなくなっているから、支払う必要はないよ。

 

過払い金が発生している場合は滞納している借金を支払う必要はないんですね!

 

引き直し計算の結果によっては、借金が少なくなったけど0円にはならないということもあるから、

その場合は減額された金額と、その減額された金額に対する遅延損害金を支払う必要があるよ。

 


過払い金を計算するには、利息を取引の当初から法律の制限内の利息であったものとして計算をし直す=「引き直し計算」というものを行います。

過払い金が発生している場合

引き直し計算の結果によっては、滞納している借金が既に完済していることになり、さらに過払い金が発生しているという計算になることもあります。

その場合は借金は無くなっている以上、支払う必要はありませんし逆に過払い金を返してもらう立場になります。

ただし最後の取引から10年以上経過している場合は、過払い金が時効になり回収することはできません。

過払い金は発生していないが借金が減額される場合

引き直し計算の結果、借金が減額されたけど0円にはならないという場合は、減額された金額とその金額に対する遅延損害金を支払えば完済したという扱いになります。

この場合は減額後の金額を任意整理するという扱いになります。

延滞中の借金で過払い金が発生しないパターン

最初から法律で認められた利息での取引だと過払い金は発生しないということですね。

 

そうだね。

他にも債権回収会社(サービサー)に債権譲渡されている場合は、引き直し計算がされたうえで請求を行っているから、債権回収会社から請求が来ているものは過払い金が発生していることはないよ

 

そうなんですね・・・

 

裁判になった場合も基本的に引き直し計算が行われているから過払い金が発生している可能性は低いね

 


取引の当初から法律の制限内の利息

取引の最初から法律内の利息だった場合は過払い金は発生しません。

債権回収会社(サービサー)から請求が来た場合

滞納後に債権譲渡されて債権回収会社から通知が来た場合は、過払い金が発生していることはありません。

債権回収会社は債権管理回収業に関する特別措置法という法律で、引き直し計算をした金額でないと請求が認められないので、債権回収会社から請求が来た場合は既に引き直し計算がされているので、それ以上過払い金が発生する余地はありません。

本来、債権回収会社は法務大臣の許可を受ける必要があるのですが、無許可で類似する名前を語り請求してくる悪質な業者も存在します。

滞納後に裁判を起こされた場合

訴訟を提起する際も、基本的に引き直し計算が行われています。

そのため滞納をして、裁判を起こされた借金では過払い金が発生するということはほとんどありません。

過払い金が発生していなかった場合はどうする

延滞していた借金で、忘れたころに請求が来たら過払い金が発生していないか確認が必要ということですね。

過払い金が発生していない場合は返済するしかないんですよね?

 

過払い金がない場合は、次の方法として時効を疑うことが必要だよ。

 

最後の支払いから5年間経っていると時効で支払う必要がないんですよね?

 

そう。

ただし裁判を起こされていたりすると時効期間は10年になるよ。

 


過払い金が発生していない場合でも、最後の取引から5年経過している場合は時効で借金を支払う必要がなくなります。

そのため、久しぶりに借金の督促等が来た場合は時効になっていないかを確認する必要があります。

ただし裁判で判決等をとられている場合は、訴訟が終了した時点から10年間は時効にはなりません。

債権回収会社(サービサー)から請求が来た場合は?

借金が時効期間を経過していても、借金を支払えと請求を行うことができます。

そのため、仮に債権回収会社から請求が来た場合も、借金が時効になっている可能性があります。

裁判を起こされた場合

時効期間を経過していても、借金を支払うよう裁判を起こすことも可能です。

この場合、裁判を放置しておくと判決をとられて時効ではなくなってしまうので、裁判所へ借金は時効になっているので払わないという意思を伝える必要があります。

延滞している借金の過払い金まとめ

延滞をしている借金であっても過払い金が発生している可能性はあります。

過払い金が発生していない場合は、借金が時効になっていないかを確認します。

時効になっていなければ、返済をする必要があるので、返済が難しい場合は債務整理を検討する必要があります。

・過払いになっていないか確認
・借金が時効になっていないか確認
・支払いが難しい場合は債務整理を検討