アプラスの任意整理【メリットとデメリット比較】

アプラス 任意整理アプラスは大手の信販会社ですので利用している人も多く、その分返済に追われている人も多いです。

支払いが難しくなってきた場合はなるべく早めに債務整理を検討することをおすすめします。

アプラスの借金は、キャッシングでもショッピングのリボ払いでも任意整理をすることができます。

任意整理の手続きは相手方の会社ごとに対応は異なりますが、今回はアプラスの任意整理への対応をまとめました。

アプラスの任意整理への対応

任意整理をしても利息を免除してくれない会社とかもあるって聞いたんですけど、アプラスの対応はどうなんですか?

アプラスは任意整理への対応は非常に良心的だよ。

借金してからすぐに任意整理をするとかでなければ、任意整理後の利息は0%にしてくれるね。

それは非常に助かります・・・

分割回数は何回ぐらいになるんですか?

これも年齢とか金額、取引年数にもよってくるけど、60回以上も組んでくれることが多いよ。

 

アプラスとの和解内容
・任意整理後の利息は0%になる
・分割回数は60回以上
・過払い金が発生している可能性あり

 

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所

アプラスを任意整理するメリット

任意整理後の利息を0%にして元金だけを5年ほどの分割で返済することのメリットってどの程度のものなんですかね?

借入額や利息、毎月の返済額によって違ってくるけど、完済までに利息だけで数十万円支払うのが普通だからそれがなくなるだけでも大きなメリットになると思うよ。

確かにそうですね!

元金だけを返済すればいいわけだから、完済も早くなりそうですね。

払えばその分元金が減ることになるから完済までも早くなるね。

金額にもよるけど毎月の返済額も少なくなることが多いよ。

 

仮にアプラスから利息18%で70万円を借りて、毎月15,000円を返済していくと、

・完済までに必要な期間=7年弱
・完済までに支払う利息=50万円以上

 

となりますが、70万円の借金を任意整理して利息0%で60回分割で返済する場合

・完済までに必要な期間=5年
・完済までに支払う利息=0円
・毎月の返済額=12,000円

 

利息18%では完済までに利息を50万円支払うことになりますが、その利息は免除されて完済までの期間も短くなって、毎月の返済額も少なくなります。

アプラスを任意整理するデメリット

アプラス 任意整理

任意整理するとブラックリストに載るとかデメリットもあるんですよね?

うん、デメリットもあるよ。

ブラックリストに載るとお金を借りたりローンを組んだりできない可能性が高いし、クレジットカードも解約になる可能性が高いよ。

まぁでもしばらく我慢ですね・・・

現金生活にして、デビットカードをクレジットカードの代用で利用できるからあまり不便なく生活している人も多いよ。

カード解約

任意整理をする会社のカードは解約になりますので、アプラスを任意整理すればアプラスのカードは解約になります。

複数のアプラスのカードを持っている人は全てのアプラスのカードが解約になります。

アプラスのカードで携帯代やネット代の支払いをしている人は、他の支払方法に変更をする必要があります。

ブラックリスト

任意整理をすると信用情報に事故情報が載る=ブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに載っている間はカードを作ったり、持っているカードが使用できなくなったり、お金を借りるとかローンを組むのは難しくなります。

ただしブラックリストに載る期間は任意整理後に完済してから5年間です。

 

その間は現金で生活をして、インターネットショッピング等ではデビットカードを利用することであまり影響を感じられずに生活できる人もいるでしょう。

ショッピングリボの任意整理

ショッピングのリボ払いの分もキャンシングと同じように任意整理をすることができます。

ただし、リボ払い中の商品がアプラスに取り上げられてしまう可能性があります。

全ての商品が引き上げの対象になるのではなく、主に電化製品のような比較的高額で商品引き上げ後に売却することができる商品は取り上げられてしまう可能性があります。

自動車ローン

アプラスは自動車ローンが有名な会社です。

ただしアプラスで自動車ローンを支払い中の人がアプラスの任意整理をすると、自動車ローンも任意整理の対象になって車が引き上げられてしまう可能性があります。

当然ですがアプラス以外の会社で自動車ローンを組んでいる場合は関係がありません。

アプラスの任意整理の流れ

アプラスの借金を任意整理するのはどういった流れで手続きが進んでいくんですか?

任意整理の手続きはまずは専門家がアプラスへ受任通知を送付することから始まるよ。

受任通知が送られた後、任意整理の交渉が終わるまでの間はアプラスへの返済を一旦ストップして積立金を行う必要があるよ。

返済を止めてもアプラスから督促きたりはしないんですね!

積立金はなぜする必要があるんですか?

積立金は任意整理費用の分割払いのためだよ。

後は任意整理後、3年~5年の長期に渡って返済を続けていく必要があるから、きちんと返済を続けていけるかのかを確認するという意味もあるんだ。

 

任意整理の流れ
・受任通知送付
・積立金
・引き直し計算
・分割回数等の交渉
・返済再開

受任通知送付

任意整理の依頼を受けた専門家はアプラスに対して受任通知を送付します。

受任通知を送付後~任意整理の交渉完了までの間、返済を一時的に止めます。

支払いを止めてもアプラスからの督促はきません。

アプラスへの支払いを止めている間に依頼者は積立金を行うことになります。

積立金

アプラスへの支払いを止めている間に任意整理費用の分割払いと、任意整理後に返済をしていけるかを確認するために積立金をすることになります。

積立金は専門家の口座に対して3~6ヵ月間振り込むことになります。

引き直し計算~任意整理交渉

アプラスから取引履歴が届いたら、過去に法律の制限よりも高い利息での取引があった場合、引き直し計算を行います。

引き直し計算して借金が減額される場合は、減額後の金額の利息をカットして分割回数の交渉を行います。

引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払いの状態になっているのであれば過払い金返還についての交渉を行います。
引き直し計算の結果、借金が全てなくなって過払い金が発生している場合は任意整理ではなく、過払い金返還について交渉を行っていきます。

仮に80万円の借金がある場合に、
・引き直し計算の結果、借金が10万円まで減った場合⇒利息をカットして減額後の10万円の元金だけを分割で返済することになる。
・引き直し計算の結果、80万円の借金が全てなくなって過払い金が50万円発生してる場合⇒任意整理ではなく50万円の過払い金請求になる。

 

過去に法律の制限を超える利息での取引がなく、当初から法律内の利息だった場合は借金が減額されたり、過払い金が発生することはないので、現在の元金から利息をカットして分割で返済するように交渉を行います。

返済再開

アプラスとの任意整理の交渉が終わったら交渉内容どおり、利息をカットしてもらい、元金だけを3~5年の分割払いで返済していくことになります。

アプラスでの借金の減額や過払い金

アプラスでの取引は大分長いんですけど、アプラスでは過払い金は発生しないんですか?

アプラスとの取引が長い人は、借金が減ったり過払い金が発生している可能性があるよ。

アプラスは2007年には利息を見直しているから、2007年よりも前からアプラスとキャッシング取引をしていた場合に限られるけどね。

2007年ですね。

キャッシング取引だけに限るということはショッピングでは過払い金は発生しないんですか?

法律の制限を超える利息になっている可能性があるのはキャッシング取引だけだから、ショッピング取引ではどんなに昔からの取引であっても借金が減ったり過払い金が発生する可能性はないよ。

 

利息制限法の上限金利
・10万円未満の借入=20%
・10万円以上~100万円未満の借入=18%
・100万円以上の借入=15%

 

アプラスは過去、法律の制限を超える利息で貸し付けをしていたので、その当時からアプラスと取引がある人は利息を直して計算をすると借金が減ったり過払い金が発生している可能性があります。

アプラスが法律の制限を超えて貸し付けをしていたのは2007年までですので、2007年よりも前からアプラスと取引をしていた場合だけ借金が減額されたり過払い金が発生している可能性があります。

ただしキャッシングだけに限られますので、ショッピング取引ではどんなに前からの取引であっても法律以上の利息にはなりませんので、借金が減ったり過払い金が発生することはありません。

アプラスの任意整理まとめ

アプラスの任意整理手続きへの対応は非常によく、任意整理後の利息はカットしてくれますし60回以上の分割払いにも柔軟に対応してくれます。

さらに2007年以前からアプラスとキャッシングをしていた人は、借金が減ったり過払い金が発生している可能性もあります。

債務整理について匿名で相談したいならこちらがオススメです。

東京ミネルヴァ法律事務所