アプラスの過払い金請求【リボや車のローンも過払い金は発生するか】

  • アプラスで過払い金が発生する条件は?
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求のデメリットを知りたい

アプラスは大手の信販会社のため、ショッピングや車のローンで利用している人は多いです。

そのため消費者金融への過払い金請求では発生しないようなデメリットが発生する場合があります。

アプラスへ過払い金請求するとどのような対応をしてくるのか?過払い金が発生する条件、返金までの期間、デメリットとはなにか?解説します。

アプラスで過払い金が発生する条件

アプラスで過払い金が発生する条件を教えてください

過払い金は法律の制限よりも高い利息でキャッシングの取引をしていた場合に発生します。

アプラスは2007年頃、TSUTAYAの提携のカードでは2009年頃に過払い金が発生しない金利に見直しているため、2007~2009年以前から取引があった場合だけ過払い金が発生する可能性があります。

ショッピングの取引では過払い金は発生しません。


過払い金とは、利息制限法の制限を超える利率で支払ったお金です。

下記の利息よりも高い利息で返済を行っていた人には過払い金が発生します。

利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

アプラスで過払い金が発生する期間の目安

アプラスは2007年の途中までは法律以上の利息に設定していたため、2007年よりも前からアプラスで借りていた人には過払い金が発生している可能性があります。

また、アプラスが提携しているTSUTAYAのTカードプラス等を利用していた場合、こちらは2009年頃までは法律以上の利息にしていたため、2009年までの借入開始であれば過払い金が発生している可能性があります。

※2010年よりも後に借り始めた人には過払い金は発生しません。

ショッピングでアプラスを利用していた場合

過払い金が発生するのはキャッシングでの取引に限られるので、ショッピングでは何年前からの取引であっても過払い金は発生しません。

まとめるとアプラスでは2007年(TSUTAYA Tカードでは2009年)よりも前からキャッシングで取引をしていた場合に限り過払い金が発生する可能性があります。

過払い金請求の流れ

過払い金請求の手続きはどのような流れで行われるのですか

まずはアプラスから取引履歴という資料を取り寄せて、過払い金の計算をします。

取引履歴はアプラスへ請求後1か月ほどで送付されます。

計算後、その金額をアプラスへ請求して和解や裁判をして過払い金を回収します。


過払い金は以下の流れで請求します。

  1. 取引履歴の取り寄せ
  2. 引き直し計算
  3. 過払い金の請求or裁判
  4. 和解or判決
  5. 返金

アプラスからの取引履歴の取り寄せ

過払い金請求をするには、まずアプラスから取引履歴を取り寄せて過払い金の計算をする必要があります。

アプラスへ請求すると1ヵ月ほどで取引履歴が送付されてきます。

取引履歴には過去の借入や返済の内容が全て記載されているので、取引履歴が届いたら過払い金の計算を行います。

アプラスの過払い金請求への対応

アプラスの過払い金請求への対応を教えてください。

アプラスは裁判をしない場合は、過払い金の60%~90%返金になることが多いです。

それ以上の金額を回収するとなると裁判が必要になります。


アプラスへ過払い金請求をすると1ヵ月ほどで和解の提案がきます。

・過払い金元金の60%~90%

・1~4か月後の返金

返還割合

アプラスは過払い金元金の6割~9割程度であれば裁判をしなくても回収することができます。

消費者金融と比べるとまだ良心的な金額を提案と言えますが、信販会社の中ではあまり良いとは言えない金額です。

回収期間

和解から1~4か月後の返還になります。

取引履歴の取り寄せに3週間ほど、請求から和解まで1か月ほどかかるので、裁判をしない場合の依頼から回収までの期間は3~6か月かかるということになります。

裁判対応

アプラスへ裁判を裁判をした場合の対応はどのようなものになりますか

裁判をした場合も、アプラスは争ってくるので早い段階で利息を含めた金額で和解に至ることは少なく、利息まで含めた金額を回収するにはある程度の時間がかかります。


過払い金には年5%の割合で利息が発生します。

しかし、利息については話し合いでは返還に応じてもらえないため、利息まで回収するには裁判をする必要があります。

裁判をするとアプラス側も争ってくるので、他のクレジットカード会社と比べて回収は簡単ではありません。

そのため利息含めた満額を回収するには時間がかかります。

アプラスへ裁判をした場合に争ってくる点の一部を挙げていきます。

リボ払いと一括払い

アプラスのキャッシングには毎月一定額を支払うリボ払いと、借りた分を翌月に一括で返済する一括払いがあります。

このリボ払いと一括払いは別々に計算をするべきで、一括払いの方は返済の都度過払い金の時効が進行するという主張をしてきます。

リボと一括払いを別々に計算すると過払い金は少なくなりますし、10年以上前に返済している一括払いで発生した過払い金は時効になってしまう可能性があります。

取引の分断

どこの業者も争ってくる点ですが取引途中に一度完済をしている場合、途中完済時点までの過払い金と後で借りたところの過払い金を別々に計算せよという主張です。

別々に計算すると過払い金は少なくなりますし、この主張が認められた場合は途中完済から10年以上経っていると、途中完済時点で発生している過払い金は時効になります。

例=2000年に借入→2007年完済(第一取引)、2010年再度借入→2015年完済(第二取引)
分断が認められると第一取引を完済した2007年時点の過払い金は時効になり、第二取引は2010年以降の借入のため過払い金発生しないので過払い金を回収することができなくなります。

アプラスへ過払い金請求する際の注意点

アプラスへ過払い金請求をするにあたりデメリット等はありますか

まずアプラスのカードは解約になります。

また、アプラスでショッピングのリボ払いや車のローンを返済中に過払い金請求をすると、過払い金とショッピングや車のローンの残金で相殺され過払い金のほうが少なく相殺しきれない時は、ブラックリストに登録されます。

ショッピングや車のローンを完済した後に過払い金請求をするのであれば、ブラックリストに登録されることはありません。


アプラスへ過払い金請求する際にデメリットが発生する可能性がある注意点を挙げていきます。

アプラスのカード解約

アプラスへ過払い金請求するとアプラスのカードが解約になります。

ただし、完済後の過払い金請求ではブラックリストに登録されることはないため、アプラス以外の会社のカードに影響はありません。

アプラスのカードで、ショッピングやネット代金、携帯代金、公共料金等の支払いをしている人は他の支払い方法に変更する必要があります。

また、アプラスのカードが解約になるとポイントは無効になるため、ポイントが貯まっている場合は事前に使用又は交換をするようにしましょう。

ショッピング返済中の場合

アプラスのカードでショッピングを利用している状態で過払い金請求をすると、過払い金とショッピングの残金とで相殺されます。

ここで問題になるのが、過払い金よりもショッピング残高のほうが多くて相殺しきれない場合です。

相殺しきれない場合は過払い金請求ではなく、相殺できなかった残債を債務整理するという扱いになるのでブラックリストに載ってしまうことになります。

ショッピングも含めて完済してから過払い金請求すればブラックリストの問題なく請求することができます。

自動車ローン(オートローン)

アプラスは自動車ローンが有名で利用している人は多いです。

アプラスで自動車ローンを組んでいる状態でアプラスへ過払い金請求をすると、過払い金と自動車ローンで相殺され、相殺しきれない時は最悪車が引き上げられてしまう可能性があります。

内容によっては過払い金請求だけをできる可能性もありますが、安全なのはオートローン完済後の請求です。

アプラスでオートローンを組んでいてアプラスへ過払い金請求する場合だけ問題になるので、他社でオートローンを組んでいる場合は問題ありません。

過払い金請求対応まとめ

アプラスは大手の信販会社ですが、他の信販会社と比べると過払い金請求への対応は良いとは言えません。

また、クレジットカードを利用していたり、オートローンを組んでいる場合は注意しなければ大きなデメリットが発生する可能性がある会社です。