アプラスインベストメントの過払い金請求(新生カード)

  • アプラスインベストメントで過払い金が発生する条件は?
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求のデメリットを知りたい

新生カード(旧GEカード、GCカード)は2015年にアプラスに合併され、その後会社分割によってアプラスインベストメントが新生カードから承継されています。

また、全日信販やエヌシーカード仙台、ヨドバシカメラのソニーカード、アプラスパーソナルローンもアプラスインベストメントへ承継されています。

わかりづらいですが、過去に新生カード(旧GEカード、GCカード)や、全日信販やエヌシーカード仙台、ヨドバシカメラのソニーカード、アプラスパーソナルローンで取引をしていた人は、現在のアプラスインベストメントへ過払い金請求をして返還してもらうことができます。

アプラスインベストメントで過払い金が発生する条件と返還されるまでの期間、デメリット等の注意点について解説していきます。

アプラスインベストメントで過払い金が発生する条件

アプラスインベストメントで過払い金が発生する条件を教えてください

過払い金は法律の制限よりも高い利息でキャッシングの取引をしていた場合に発生します。

アプラスインベストメント(新生カードや全日信販)は2007年に過払い金が発生しない金利に見直しているため、2007年までにキャッシングを開始した人には過払い金が発生する可能性があります。

2008年以降のキャッシングや、ショッピングの取引では過払い金は発生しません。


過払い金は法律よりも高い利息で借りていた場合にだけ発生します。

旧GCカードやGEカードでは2007年頃までは法律の制限を超える利息で貸し付けを行っていたので、2007年以前から下記のカードで取引があった人は過払い金が発生している可能性が高いです。

ソニーカードは2003年頃に過払い金が発生しない利息に見直しをしています。

アプラスインベストメントは色々な会社を分割や合併により承継しています。

下記の会社で取引があった人は、現在アプラスインベストメントへ過払い金を請求して返還を受けることができます。

  • 新生カード(GCカード・GEカード)
  • 全日信販
  • エヌシーカード仙台
  • アプラスパーソナルローン
  • ソニーカード
利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

※ショッピング利用では過払い金は発生しないので、過払い金が発生するのは2007年よりも前からキャッシングをしていた人に限られます。

参考:高利を支払っていた場合には、取り戻すことができるのですか?|法テラス

過払い金請求の流れ

過払い金請求の手続きはどのような流れで行われるのですか

まずはアプラスインベストメントから取引履歴という資料を取り寄せて、過払い金の計算をします。

取引履歴はアプラスインベストメントへ請求後1か月ほどで送付されます。

計算後、その金額をアプラスインベストメントへ請求して和解や裁判をして過払い金を回収します。


アプラスインベストメントに限りませんが過払い金請求は以下の流れで行います。

  1. 取引履歴の取り寄せ
  2. 引き直し計算
  3. 過払い金の請求or裁判
  4. 和解or判決
  5. 返金

取引履歴の取り寄せ

過払い金請求は、まずアプラスインベストメントから取引履歴を取り寄せることから始まります。

アプラスインベストメントへ取引履歴を請求すると1ヵ月ほどで送付されてくるので、取引履歴が届いたら過払い金の計算をして、算出した金額について過払い金請求を行います。

アプラスインベストメントの過払い金請求への対応

アプラスインベストメントの過払い金請求への対応を教えてください。

アプラスインベストメントは裁判をしない場合、過払い金の70%~80%ほどの返金になることが多いです。

それ以上の金額を回収するとなると裁判が必要になります。


アプラスインベストメントへ過払い金請求をすると2週間ほどで以下のような和解の提案がきます。

  • 過払い金元金の70%~90%
  • 1~3か月後の返金

返還割合

裁判をしない場合はアプラスインベストメントは過払い金元金の7割~8割程度の回収になります。

過払い金には年5%の割合で利息が発生しますが、裁判をしないと利息の返還に応じることはありません。

回収期間

和解から1~3か月後の返還になります。

取引履歴の取り寄せに1ヵ月ほど、請求から和解まで2週間ほどかかるので、裁判をしない場合の依頼から回収までは2~4か月ほど必要になります。

アプラスインベストメントの裁判対応

アプラスインベストメントへ裁判を裁判をした場合の対応はどのようなものになりますか

裁判をした場合、判決まで行かずに利息まで含めた金額を支払う旨で和解が成立する可能性が高いです。

ただし、取引の分断等の争点がある場合はアプラスインベストメント側も争ってくるので時間がかかります。


裁判をして何回か裁判を重ねると、利息まで含めた金額で和解になることが多く、判決までいくことはあまりありません。

反面、取引の分断等の争点がある場合は争ってくるので、回収までには時間がかかることになります。

取引の分断

どこの業者も争ってきますが、取引途中に一旦完済して後でまた借りているという場合、途中完済までの過払い金とその後再度借りたところの過払い金を別々に計算するべきという主張です。

別々に計算すると過払い金は少なくなりますし、途中完済から10年以上経っている場合は途中完済時点で発生している過払い金は時効になります。

例=2000年借入開始~2008年に完済(第一取引)、2012年に再度借入~2015年完済(第二取引)

分断が認められると第一取引の過払い金は完済から10年以上経っているため時効になり、第二取引は法律内の利息で過払い金は発生しないため過払い金を回収することができなくなります。

アプラスインベストメントへ過払い金請求する際の注意点

アプラスインベストメントへ過払い金請求をするにあたりデメリット等はありますか

まずアプラスインベストメントのカードは解約になります。

また、アプラスインベストメントでショッピングのリボ払いを返済中に過払い金請求をすると、過払い金とショッピングの残金で相殺され過払い金のほうが少なく相殺しきれない時は、ブラックリストに登録されます。

ショッピングを完済した後に過払い金請求をするのであれば、ブラックリストに登録されることはありません。


アプラスインベストメントへ過払い金請求する際にデメリットが発生する可能性がある注意点を挙げていきます。

アプラスインベストメントのカード解約

アプラスインベストメントへ過払い金請求するとアプラスインベストメントのカードは解約になります。

ただし、過払い金請求ではブラックリストへの登録はされないので、アプラスインベストメント以外のカードには影響がでることはありません。

ショッピング返済中の場合

アプラスインベストメントで過払い金が発生していてもカードでショッピングリボを返済中の場合、過払い金とショッピング残高とで相殺されます。

ここで問題になるのが、過払い金よりもショッピング残高のほうが多くて相殺しきれない場合です。

過払い金よりもショッピングの残金の方が多い場合は過払い金請求ではなく、相殺できなかった残金を債務整理するという扱いになるのでブラックリストに登録されます。

過払い金でショッピング分を相殺できたり、ショッピングも含めて完済してから過払い金請求すればブラックリストの問題はなく請求することができます。

過払い金請求対応まとめ

アプラスインベストメントは他の信販会社と比べると過払い金請求への対応は良いとは言えません。

また、クレジットカードを利用している場合は注意しなければブラックリストに載ってしまったりと大きなデメリットが発生する可能性があります。