アコムの過払い金請求【過払い金はいつから発生?デメリットは?】

  • アコムで過払い金が発生する条件
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求の注意点

過払い金が発生する貸金業者は色々とありますが、過払い金請求への対応は業者ごと異なります。

今回は消費者金融大手のアコムの過払い金請求への対応、返金までにかかる期間や回収内容について書いていきます。

アコムで過払い金の対象になる条件

アコムで過払い金が発生するのってどんな場合なんですか?

 

2007年6月よりも前からアコムから借りていたなら過払い金が発生している可能性が非常に高いよ。

 

なんで2007年なんですか?

 

過払い金は法律以上の利息を取られていた場合に発生するものなんだけど、アコムだと2007年6月以降に新規で契約をした人の利息は法律内の利息になっているんだ。

逆に2007年6月以前から取引をしていた人は法律の制限を超える利息になっている可能性が高いから、過払い金が発生する可能性も高いということなんだ。

 


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

過払い金は上記の法律以上の利息で返済をしていた場合に発生しますが、アコムは2007年の6月に金利を見直しているので、2007年7月以降にアコムと新規契約をした人には過払い金は発生しません。

※2007年6月以前から取引があった人は未だに金利を見直されず高金利で取引を行っている人もいます。

過払い金の対象にならず、支払いが難しい場合は任意整理をすることで支払いが楽になります。

過払い金請求の流れ

過払い金請求は以下の流れで行われます

  1. 取引履歴の取り寄せ
  2. 過払い金の請求or裁判
  3. 和解or判決
  4. 返金

取引履歴が届くまでの期間や、過払い金請求に対する和解提案の内容(返還割合や返還までの期間)は貸金業者ごと異なりますし、請求する専門家(弁護士や司法書士)の事務所ごとにも和解提案は異なります。

アコムの過払い金請求への対応

アコムへ過払い金請求をするにはどんな流れで手続きをしていくんですか?

 

まずは弁護士、司法書士の専門家がアコムから取引履歴を取り寄せて過払い金の計算をするんだ。

その後にアコムとの和解交渉に入ることになるよ。

 

和解交渉はどんな交渉をするんですか?

 

金額と、いつ返金するかの交渉だね。

アコムとの和解内容としては過払い金元金の7~9割程度の金額を1~3か月後の返金となることが多いよ。

過払い金の利息まで回収したいとかでアコムと和解交渉がまとまらなかった場合は裁判をして回収することになるよ。

 


アコムへ過払い金請求をすると、どのように手続きは進み、どのような和解提案がくるのか?

取引履歴の取り寄せ

取引履歴は過去の借入日や支払日、借入額や返済額が一覧で載っている書類で過払い金の計算に必要な書類です。

アコムへ受任通知を送付してから取引履歴が届くまでは、2週間ほどかかります。

取引履歴が届いたら過払い金の計算をして、算出した金額を請求します。

和解提案~返還割合

アコムへ過払い金を請求すると、1週間~3週間ほどで和解提案がきます。

  • 過払い金の元金の7割~9割前後
  • 和解から1~3か月後の返還

上記が一般的なアコムの和解提案の相場になります。

100万円の過払い金が発生している場合は、70万~90万円前後での和解の提案がきます。

過払い金には年5%の利息も発生しますが、裁判をしないと利息を含めた金額の提案は来ません。

返還までの期間

和解から1~3か月後に返還しますという内容の和解提案が来ます。

取引履歴取り寄せに2週間ほど、和解までに1~3週間ほどかかるので、取引履歴取り寄せから計算するとスムーズに請求したとしても返還までには2か月~4か月かかるということになります。

裁判で回収する場合

アコムから過払い金の利息まで回収するには裁判が必要なんですね・・・

 

そうだね、アコムに限らずほとんどの会社は裁判をしないと利息まで回収するのは難しいね。

裁判と言っても裁判所に行くのは専門家だから本人が裁判所に行くなんてことはないよ。

 

そうなんですね。

裁判をするとやっぱり時間がかかるんですか?

 

裁判をしない場合と比べると時間はかかるね。

取引の分断等の争いの有無にもよるけど回収までには早くても半年はかかるよ。

 


裁判をする場合も取引履歴の取り寄せをして計算をするところまでは同じ流れです。

アコムの提案で話がまとまらない時や、利息過払い利息まで回収をする場合は裁判を行います。

和解提案

訴訟提起から1ヵ月~2ヵ月後に最初の裁判の期日が設定されて、その後は月に1回のペースで裁判が開かれます。

争いがない場合は、2回目や3回目の裁判期日ぐらいで、過払い金利息まで含めた全額を2~3ヵ月ほどで返還するという内容の和解提案がくることもあります。

回収までの期間

訴訟提起から早くても半年ほど時間はかかります。

取引内容に争いがあってアコムが弁護士をたててくると1年以上の時間がかかることもあります。

アコムへ過払い金請求をした場合に争ってくる点

アコムから過払い金を回収するのに問題になるのってどういうった場合なんですか?

 

1番問題になるのは取引の途中で完済してる箇所があった場合の取引の分断だね。

途中完済から次の借入まで1年以上空いていると取引の分断を主張してくるよ。

また、アコムの場合は途中完済後に契約を解約をして、再契約後に借り入れをしている場合は空白期間に限らずに分断になる可能性が高くなるよ。

 

取引の分断の場合に途中完済から10年以上経っていると過払い金が時効になるんですよね?

 

そのとおり。

その他アコムが争ってくるのは1度でも返済に遅れがあると、それ以降は遅延損害金利率(26.28%)で計算をするべきという主張もしてくるよ。

この主張が認められると過払い金がかなり減ってしまうんだけど、きちんと反論すればあんまり認められることはないよ。

 


過払い金請求をした場合に、取引内容によってはアコムが争ってくることがあります。

  • 取引の分断
  • 遅延損害金
  • 貸付停止から10年での時効

取引の分断

例えば2000年からアコムと取引を開始して2006年に一度完済、2007年からまたアコムから借りて2017年に完済している場合。

※2000~2006年までの取引を第一取引、2007~の取引を第二取引とします。

通常は途中完済があっても、2000年から2017年まで通して過払い金の計算をします=これを一連計算と言います。

取引が分断している場合は第一取引の過払い金と、第二取引の過払い金それぞれ別に計算して請求することになりますが一連計算よりも過払い金は少なくなります。

分断の場合に途中完済から10年以上経っていると、途中完済時点で発生していた過払い金は時効になります。

一般的には第一取引と第二取引の間の空白期間が1年以上あると、貸金業者も分断を主張してきますがアコムの場合は途中完済後に一度契約を解約して、再契約後に借り入れをしている場合には空白期間にかかわらず分断を主張してきます。

解約をしている場合は、取引履歴に「解約」と記載されています。

遅延損害金

返済に遅れがあった場合、遅延損害金というものが発生します。

※遅延損害金は法律で定められた上限金利(15%~20%)の1.46倍(18%での取引であれば26.28%)になります。(2010年(平成22年)6月18日以降は20%まで)

通常は遅れた日数分だけ遅延損害金を支払えばその後は通常の利息での取引となります。

しかし、アコムへ過払い金請求をすると、遅延があった日以降の取引は全て遅延損害利率で計算すべきと主張してくることがあります。

その主張が認められると、過払い金が発生しない又はかなり減額されてしまうことになります。

この主張はアコム以外にもレイクやアイフルも行ってきますが、きちんと反論していれば業者側の遅延損害利率の主張は認められることはあまりありません。

貸付停止から10年での時効

支払いの滞納等があると、アコムから新たな貸し付けを止められてしまうことがあります。

複雑なお話しになるので省略しますが、

アコムから貸付が停止されていて貸付停止の日から10年以上経っている場合は、遡って10年以上経過している過払い金については時効であるという主張をしてきます。

しかし、一旦貸し付けが停止されていても将来的に貸し付けが再開される可能性があること、本人に貸付停止の通知がされていないこと等を反論していくことが必要です。

アコムへの過払い金請求の注意点

アコムへ過払い金請求することで、デメリット等の注意点ってありますか?

 

過払い金請求をするとアコムは解約になるから、特にアコムのマスターカードを買い物等で利用している人は注意が必要だよ。

後はアコムが保証会社になっている銀行からの借入がある場合だね。

 

保証会社ですか?

 

うん、銀行のカードローン等では保証人を付けない代わりに保証会社というものがつくんだけど、その保証会社にアコムがなっていることがあるんだ。

アコムが保証している銀行からの借入がある状態でアコムに過払い金請求をすると、過払い金と銀行借入とで相殺されることがあって、その場合はブラックリストに載ってしまうことになるから注意が必要だよ。

 


アコムの借金を完済している人が過払い金請求を行ってもブラックリストに登録されることはありません。

しかし、アコムへ過払い金請求するにあたって、銀行借入とクレジットカード(ACマスターカード)を利用している場合は注意が必要です。

銀行保証

銀行のカードローン等では、保証会社というものをつけて支払いの滞納等の返済に問題があった場合は保証会社が銀行への返済を行い、銀行はリスクを負わないようにしています。

アコムが保証会社になっている銀行からの借入がある状態で、アコムへ過払い金請求をする際は注意が必要になります。

アコムが保証している銀行の返済に滞りがなければ、基本的には銀行借り入れはそのままで過払い金請求をすることができますが、アコムへの過払い金請求時に銀行の返済が滞っていると保証が実行される可能性があります。

保証が実行されるとブラックリストに載ってしまいますし、過払い金と銀行の残債とで相殺され、残債のほうが多額で相殺しきれなかった分は任意整理することになります。

アコムは銀行のカードローン等の保証会社になっていることが多い会社です。

大手だと三菱UFJ銀行(バンクイック)や、じぶん銀行、その他地銀の保証会社になっています。

アコムマスターカードを利用している

通常は完済後の過払い金請求では、ブラックリスト等のデメリットなく過払い金請求することができますが、アコムのクレジットカード(ACマスターカード)でショッピングを利用している場合は注意が必要になります。

キャッシングを完済していても、ショッピングリボ等が残っている場合は完済扱いにならず、過払い金とショッピング残金で相殺されます。

ショッピングの残債よりも過払い金のほうが少額で相殺しきれない場合は、過払い金請求ではなく残債を任意整理することになり、ブラックリストに登録されます。

アコムの過払い金請求対応まとめ

アコムの過払い金請求への対応は消費者金融の中では比較的いい部類に入ります。

ただ、銀行との繋がりが強いですし、ACマスターカードを利用している場合にも注意が必要になります。