セブンCSカードサービスでの過払い金発生の条件と返金までの期間

  • セブンCSカードサービスで過払い金が発生する条件は?
  • 過払い金が返金されるまでの期間
  • 過払い金請求のデメリットを知りたい

元々クレディセゾンが発行していた、「そごうミレニアムカード」とデパートの西武で利用されている「クラブオンカード」が2011年4月1日に株式会社セブンCSカードサービスに引き継がれました。

クレディセゾン時代から利用をしていた人は過払い金が発生している可能性があり、その過払い金はセブンCSカードサービスから回収することが可能です。

セブンCSカードサービスで過払い金が発生する条件と返還されるまでの期間、デメリットについても解説しています。

セブンCSカードサービスでの過払い金発生条件

セブンCSカードサービスで過払い金が発生する条件を教えてください

過払い金は法律の制限よりも高い利息でキャッシングの取引をしていた場合に発生します。

セブンCSカードサービスは2007年7月15日に過払い金が発生しない金利に見直しているため、2007年7月14日以前から取引があった場合だけ過払い金が発生する可能性があります。

ショッピングの取引では過払い金は発生しません。


利息制限法の金利の上限
10万円未満の借入20%
10万円以上~100万円未満の借入18%
100万円以上の借入15%

過払い金は法律よりも高い利息で借りていた場合にだけ発生するものです。

クレディセゾン時代の2007年7月14日までは法律よりも高い利息で貸し付けを行っていたので、2007年7月14日よりも昔から借りていた人には過払い金が発生している可能性が高いです。

クレディセゾン時代に発生した過払い金は、引き継いだセブンCSカードサービスから過払い金を回収することになります。

ただしショッピング利用では過払い金は発生しませんので、過払い金が発生するのは2007年よりも前からキャッシングをしていた人に限られることになります。

参考:高利を支払っていた場合には、取り戻すことができるのですか?|法テラス

セブンCSカードサービスの過払い金請求への対応

セブンCSカードサービスの過払い金請求への対応を教えてください。

セブンCSカードサービスは裁判をしない場合でも、過払い金元金全額の返金になることが多いです。

過払い金には年5%の利息が付きますが、利息まで回収するとなると裁判が必要になります。

裁判をした場合も、早い段階で利息まで付けた金額で和解に至ることが多いです。


返還金額と返還されるまでの期間

  • 過払い金元金の90~100%
  • 2~4ヶ月での返還

セブンCSカードサービスへ過払い金請求をした場合、裁判をすることなく過払い金の元金全額の返還にも応じてもらえることもあります。

ただし途中完済から再度の借入まで1年以上の空白期間がある場合は、取引の分断を争ってきます。

また、過払い金には年5の割合で利息が発生しますが、話し合いでは利息の返還には応じてもらないので、過払い金の利息まで回収するには裁判が必要になります。

セブンCSカードサービスの裁判対応

セブンCSカードサービスへの過払い金請求で裁判をした場合、取引の分断等の争点がなければ無理に争って来たりしないため、早期の段階で利息まで含めた過払い金支払うという内容で和解になることがほとんどです。

セブンCSカードサービスへの過払い金請求のデメリット

セブンCSカードサービスへ過払い金請求をするにあたりデメリット等はありますか

まずセブンCSカードサービスのカードは解約になります。

また、セブンCSカードサービスでショッピングのリボ払いを返済中に過払い金請求をすると、過払い金とショッピングの残金で相殺され過払い金のほうが少なく相殺しきれない時は、ブラックリストに登録されます。

ショッピングを完済した後に過払い金請求をするのであれば、ブラックリストに登録されることはありません。


カード解約

セブンCSカードサービスへ過払い金請求をすると、セブンCSカードサービスのカードは解約になります。

何枚かセブンCSカード発行のカードを持っている場合は全てのカードが解約になるので、注意が必要です。

ただし、完済後の過払い金請求ではブラックリストに載ることはないので、他の会社発行のカード等へは影響はでません。

※カードが解約になると永久不滅ポイントも使用できなくなるため、ポイントがたまっている人は事前にポイントを使用するようにしましょう。

※参考:クラブ・オン/ミレニアムカードセゾン【クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンを解約しているのですが、永久不滅ポイントを交換できますか?】

セブンCSカードサービスでショッピングを利用している場合

セブンCSカードサービスでショッピング利用中にセブンCSカードサービスへ過払い金請求をすると、過払い金とショッピング残高とで相殺されることになります。

ショッピング残高よりも過払い金の方が多いのであれば、相殺後の過払い金を回収することになりますが、ショッピング残高のほうが過払い金よりも多い状態で請求をすると、相殺後のショッピングの残金を任意整理する扱いになります。

任意整理になれば信用情報機関に事故情報が登録されるので、いわゆるブラックリストに載ることになります。

  • 過払い金80万円ーショッピング残高50万円=30万円の過払い金請求、ブラックリストに登録されない(手続き中、一時的に登録される可能性はある)
  • 過払い金30万円ーショッピング残高50万円=20万円を任意整理することなるので、ブラックリストに登録される

過払い金請求の流れ

過払い金請求の手続きはどのような流れで行われるのですか

まずはセブンCSカードサービスから取引履歴という資料を取り寄せて、過払い金の計算をします。

計算後、その金額をセブンCSカードサービスへ請求して和解や裁判をして過払い金を回収します。


セブンCSカードサービスへ過払い金を請求するには以下のような流れで行われます。

  1. 弁護士司法書士への相談
  2. 取引履歴の取り寄せ
  3. 引き直し計算
  4. 過払い金の請求or裁判
  5. 和解or判決
  6. 返金

取引履歴の取り寄せ

過払い金を請求するには、まずは取引の履歴という書類をセブンCSカードサービスから取り寄せます。

受任通知の送付から3週間ほどで取引履歴が届きます。

取引履歴があれば借り入れ当初からの利息がわかるので過払い金が発生しているかがすぐにわかりますし、完済から何年経っているのかもわかるので、過払い金が時効になっていないか確認もできます。

また取引履歴があれば正確な過払い金の計算もすることができます。

過払い金請求まとめ

元々はクレディセゾン発行のそごうミレニアムカードや西武のクラブオンカードの事業は2011年にセブンCSカードサービスへ引き継がれました。

クレディセゾン時代に2007年よりも前からキャッシングをしていた人には過払い金が発生している可能性が高い会社です。

過払い金請求への対応も他の会社と比べ非常に良い会社です。